遅すぎる医師の転職サイト登録

遅すぎる医師の転職サイト登録

2018/9/26 更新

早い登録は圧倒的に有利

遅すぎる医師の転職サイト登録

転職を考えた医師が実際に転職を成功させるためには、色々な課程を経なければなりません。 医師としてのキャリアプラン全体を考え、今は目的に何を設定すべきか、そのためにはどのような医療機関が良いのか、実際に該当する医療機関からの求人はあるかなど、転職をキャリア構築のためととらえれば、考えなければならないことは山積みです。 本当に意味のある転職にするには、転職サイトに登録してすぐに転職を成し得ることなど到底できません。 では、どのようなタイミングで転職サイトへ登録し、転職に向けて動きだせば良いのでしょうか。

 

退職後の登録では無職期間が長くなる

転職サイトに登録するのは退職後で十分と考えている医師もいるでしょう。

例えばこのタイミングで登録すると、それから登録、希望条件のヒアリングを経て、条件に合致する医療機関探し、応募書類の作成、書類選考通過後に、面接セッティングという流れになります。

これではどうしても勤務開始日までの無職期間が長くなり過ぎてしまいます。

無職期間が長くなってしまっても、失業保険の給付を受けられるだけでなく、貯金もあるので、お金に困らないと考えるかもしれません。

しかし、無職期間が長くなるデメリットは金銭面だけではありません。

無職期間が長いと、前の医療機関で問題があったから急遽退職したのかもしれない、もしくは、すぐに転職先が見つからなかったのは何か問題があるのでは、と疑われてしまいます。

これでは明らかに転職に不利に働いてしまいます。

つまり、退職後に登録していたのでは明らかに遅すぎるのです。

転職を決意したタイミングでの登録も遅い

では、転職を決意したタイミングで登録するのはどうでしょうか。

転職を決意するということは、何らかのきっかけがあったはずです。

例えば、「今まで辛抱してきたが、上司の一言でもう辛抱しきれなくなった」、「友人医師の年収を聞いて、今の年収は低すぎると感じた」などの、決定的な何かです。

この何かのタイミングで転職サイトに登録するということは、一刻も早く転職したいと考えているわけです。

すなわち、転職をキャリア構築のためにするのではなく、何らかの問題解決のためにするというネガティブな要素を含んでいるのです。

また、一刻も早い転職ができるのであれば、勤務条件も多少は妥協しようと考えることも多いでしょう。

これでは良い形での転職はできません。

転職を決意してから登録するのも遅いのです。

転職を検討し始めた段階で速やかに登録しよう

転職サイトに登録するタイミングは、転職を考え始めた頃が適切です。

まだ転職するかどうか決めていなくても、早めに登録してコンサルタントに相談しましょう。

自力で転職を検討しているだけでは得られない求人情報も、多くの医療機関と結びつきのあるコンサルタントの元には多数集まってきます。

そのため、転職サイトに登録することで転職が現実味を帯びてくるケースも少なくありません。

また、早めに相談を始めることで、今の職場を退職するにあたっての準備も着実に進めることができます

安心して転職先探しを進めることで、退職もスムーズになるのです。

さらに、転職活動にかけられる時間が長くなるメリットもあります。

時間に余裕がある医師ほど多くの求人に巡り合いやすくなり、希望条件を緩める必要が薄れていきます。

せっかく転職するのですから、希望条件が少しでも多く通るほうが望ましいです。
転職サイトへは転職を考え始めた段階で速やかに登録しましょう。

今すぐの転職でなくとも登録を

転職活動は計画的に進めることが大切です。

自分や家族の人生を大きく左右する決断になりますから、しっかりと準備をしたいところです。

まだ転職を決意できていない段階でのコンサルタントへの相談は気が引けるかもしれませんが、コンサルタントも早めに登録してもらった方が、希望の転職先を探しやすくなるのです。

転職を考え始めたら早めに転職サイトに登録し、積極的にコンサルタントへ相談しましょう。