医師が転職先を決めるベストなタイミング

医師が転職先を決めるベストなタイミング

2018/9/14 更新

勤務している間に転職先を決めよう

医師が転職先を決めるベストなタイミング

転職するには必ず何らかの原因があるはずですが、上司などと方針の違いや考え方の違いによってぶつかってしまう場合や、今まで辛抱してきたけれども、もう辛抱できないと感情を爆発させたくなることもあるでしょう。 そのような時には、すぐにでも退職しようと考えがちです。 転職先が決まっていないタイミングで退職してしまうと、どのような影響が出てくるのでしょうか。 また転職先を決めるのは、どのタイミングが良いのでしょうか。 詳しくご説明しましょう。

 

退職時の転職先状況によって異なる影響

現在の勤務先に勤務した状態で転職先を決めておくか、もしくは退職してから転職先を探すかによって、今後の環境は大きく変わります。

決定的な違いは、医師として働いていない期間があるかどうかです。

つまり転職先が決まっていないにもかかわらず、勢いに任せて退職してしまうと、転職先が決まるまでの間は無職ということになるわけです。

それ以外にも色々なところに影響が出てきます。

転職先が決まっていない退職の場合

転職先が決まっていないにもかかわらず退職してしまうと、それから転職先探しをすることになります。

それはつまり、無職の状態で勤務先を探すということです。

貯金もあり、金銭的に余裕があるから、少しぐらい無職でも構わないと思うかもしれません。

しかしながら無職の状態で求人情報に応募すると、応募先の医療機関からは、何か問題を起こして辞めたのではないか、医師として問題を抱えているのではないか、などの不要な勘繰りを受けてしまいます。

しかもブランクが長くなれば、余計にこの傾向は強くなります。

医師不足の現代では、どこの医療機関も医師を欲しているため、こう考えるのも当然かもしれません。

また少しでも早く転職先を見つけようとする場合には、どうしても本来の希望条件に満たない条件でも妥協してしまう傾向が出てきます。

これでは転職そのものがマイナスに働いているとしか言えません。

すなわち前の勤務先をただ辞めたかっただけに終わってしまうのです。

転職先を決めてからの退職の場合

では転職先を決めてから退職する場合はどうでしょうか。

転職先を決めてからの退職ということは、金銭面などの問題から一刻も早く転職先を決める必要がなく、落ち着いて決めることができるということです。

そのためキャリアプランをしっかりと計画でき、それに沿った形で希望条件を組み立て、時間を掛けて希望条件に合致した転職先を探すので、条件面で妥協する必要も無くなります。

もちろんブランクもありません。

そして転職先が決まってから、現在の勤務先に退職を申し出ることになります。

この方法の唯一のデメリットを挙げるとすれば、勤務先で働きながら転職先を探さねばならない点です。

忙しい医師の勤務状態を考えると大変厳しい状態ではありますが、転職サイトに登録しておくと、コンサルタントが希望条件に沿った求人情報を提案してくれます。

時間の無い忙しい医師にとって、自分の代わりに求人情報を調べて提案してくれるのは大変便利ですので、有効活用すべきでしょう。

転職を意識した時点で転職サイトに登録を

転職サイトへの登録は、勤務しながら転職先を探す医師にとって、非常に有効な方法です。

では、転職サイトへはいつ登録すれば良いのでしょうか。

転職の意志を固めていないのに登録するのは抵抗があるかもしれませんが、少しでも転職を意識するようになった時点で登録するのがベストです。

それは医師としてのキャリアプランを構築するために、転職サイトのコンサルタントがアドバイスしてくれるからです。

キャリアプランの構築は医師としての一生を左右するものであり、転職にも大きく影響してきます。

キャリアプランの構築には時間もかかるはずです。

また早めに登録しておくことで、破格の条件での求人があるかもしれません。

もちろん転職サイトに登録したからと言って、すぐに転職する必要はなく、コンサルタントにその旨を伝えておけば問題ありません。

転職サイトへの登録は、転職を意識した時点で行うのが最適なのです。