医師の転職にハローワークは使えるのか

医師の転職にハローワークは使えるのか

2018/9/17 更新

ハローワークに医師の求人はある?

医師の転職にハローワークは使えるのか

求職活動と言えば、誰もが最初に思い付くのはハローワークです。 ハローワークは国が運営しているものであるため、知名度や信頼度は疑う余地はないでしょう。 そのため現在でも求職活動をしている多くの人々が利用しています。 では医師が転職するのに際しても、ハローワークは役に立つのでしょうか。

 

そもそもハローワークとはどんなところか

ハローワークは厚生労働省が運営しているもので、失業保険給付手続きと求人紹介や求人掲載申し込みなどを受け付けています。

そもそもの目的が、民間事業者によって運営される職業紹介では就業できない人に求人を紹介するものであり、言わば最後の砦的存在です。

そのため求人情報の掲載は無料になっています。

またハローワークを通じて障害者や母子家庭の母親を雇用した場合には、助成金が出される制度もありますが、公共機関ゆえに年齢や性別などを制限してはならないなどの規制が存在します。

しかしながら求人件数は圧倒的に多く、民間事業者の比ではありません。

ハローワークの求人事情とは

ハローワークは求人情報掲載に費用が一切発生しません。

一方、医師の転職サイトなどでは入職が決まると、医療機関から転職サイトに報酬を支払わねばなりません。

そのためハローワークで募集している仕事内容そのものは、比較的誰でも取り組める仕事になりがち、つまり間口が広くなる傾向があります。

また費用を掛けずに求人できることから、小規模企業からの募集が多い傾向にあります。

加えて、転職サイトのようにマッチング機能が充実しているわけではないので、応募者が詳しい採用条件を見ずに応募してくるケースも多いようです。

ハローワークと医師の仕事

ハローワークは民間の職業紹介で就業できない人に対するサポートをするために存在しています。

医師不足の現在では、年収や勤務条件を無視して就業を最優先に考えれば、就業機会は多くあるはずです。

その前提で言えば、ハローワークで扱う求人情報とはそぐわない求職になるわけです。

また扱う仕事内容から言っても、医師の仕事は国家資格が必要であり、一生を掛けて学び、経験してスキルを上げていくものですから、誰もが簡単に取り組める仕事ではありません。

すなわちハローワークの位置付けとは異なる職業と言えます。

ハローワークに医師の求人はあるのか

上記のように、ハローワークの位置付けと医師の求人情報にはズレがありますが、ハローワークには実際に医師の求人はあるのでしょうか。

ハローワークには医師の求人情報はほとんどありません。

ごくまれに歯科医師の求人があったり、医師以外の医療関係者の募集があるようですが、期待できない程度のものです。

これではとても転職を考える医師の思いに応えられる存在ではないことが分かります。

もちろん医療機関もハローワークは医師の求人に適していないと判断しているのでしょう。

だからこそハローワークに求人情報を掲載していないのです。

医師の転職に最適なのは

ハローワークは医師が転職を考えた際の求人情報収集には適していないことがお分かりいただけたでしょう。

では、医師が転職しようとした際に最も適した方法とは何でしょうか。

医師の転職には色々な方法があります。

どれも長所ばかりとは言えませんが、今、医師に最も多く利用されているのは医師専門の転職サイトに登録することです。

転職サイトに登録すると担当コンサルタントが徹底的にサポートしてくれます。

転職に必要なキャリアプランの構築から、今必要な転職の方向性、応募資料の書き方から面接についてのアドバイス、医療機関との条件交渉など、医師の転職に必要なすべてをサポートしてくれます。

単純な職場探しだけを求めるなら転職サイトでなくても見つかるでしょう。

しかしながら、医師としてのキャリアプラン構築や転職の方向性にまで言及してアドバイスしてくれるのは転職サイトのコンサルタントだけでしょう。

今考えられる最も効果的な転職方法は、転職サイトに登録することなのです。