医師転職サイトの担当を変えてもらえなければサービス会社を変えることも

医師転職サイトの担当を変えてもらえなければサービス会社を変えることも

2018/9/19 更新

コンサルタントがダメならどうする

医師転職サイトの担当を変えてもらえなければサービス会社を変えることも

せっかく転職サイトに登録したのに、コンサルタントが能力不足であれば、転職活動そのものがスムーズに進まないばかりか、転職先が見つかっても、勤務条件に不満を感じながら勤務しなければならないケースもあります。 転職が成功するか、スムーズに進むかはコンサルタントの腕にかかっています。 もし担当のコンサルタントがダメだと感じ、別の人に交代してもらうしかない場合の注意点についてご説明しましょう。

 

能力不足なら早めに担当変更を希望しよう

転職コンサルタントの中には能力的に十分ではない人もいます。

医療業界についてほとんど知らない、医療機関との交渉力がないなど、様々なケースがあります。

コンサルタントの能力は初回の面会時にある程度見極めることができるはずです。

もし今のコンサルタントではダメだと判断したら、早い段階で担当変更してもらうようにするのが賢明でしょう。

コンサルタントが信頼できなければ、二人三脚の転職が成功するはずはありません。

不安を抱えたまま転職活動をスタートさせることの無いようにしましょう。

変更に応じてくれない転職サイトなら辞するつもりで

担当コンサルタントの変更を申し出ても、すぐに応じない転職サイトもあるでしょう。

コンサルタントの変更は通常のサービスではなく、コンサルタントの在籍数にも限りがあるためです。

また転職サイトによっては、コンサルタントが少人数しか在籍していないケースもあります。

そのため簡単に応じてしまうと、コンサルタントの変更が通常のサービスと認識されてしまうことを危惧するのでしょう。

しかしながら、コンサルタントは転職を成功させるための鍵になる人物です。

どうしても信用できない、サポートを委ねることができないと感じるのであれば、その転職サイトの利用を辞めてもしょうがないという思いで変更を要求してみましょう。

変更の申し出はそれなりの覚悟を

コンサルタントの変更を申し出て受け入れられない場合、その転職サイトに登録し続ける意味はあるのでしょうか。

コンサルタント変更の申し出は、どういう形で申し出ても、コンサルタント本人に伝わるでしょう。

変更の申し出は、コンサルタント本人に「あなたにサポートは任せられない」と言っているのと同じ意味です。

そのコンサルタントが、引き続き担当することに意味があるでしょうか。

ダメ出しをされた医師に対して、今までより頑張ろうと考えるコンサルタントはまずいないはずです。

つまり一度変更を申し出ると、そのコンサルタントとは一緒に転職活動をできないということです。

そのため、変更を申し出て受け入れられない場合は、その転職サイトに登録し続ける意味は無くなります。

変更の申し出は、受け入れられなかった場合には、その転職サイトを辞しても良いとの覚悟を持って申し出るべきなのです。

転職サイトの複数登録でリスクを回避

転職サイトに登録してもコンサルタントの能力不足などが原因で、満足な転職活動ができないケースがあります。

このようなことに対する何らかの予防的方法はあるのでしょうか。

それが転職サイトの複数登録です。

複数の転職サイトに登録しておくと、一つの転職サイトのコンサルタントが不満であっても、別の転職サイトのコンサルタントが優秀であればカバーすることができます。

この方法は、万が一を考えると、非常に有効な方法です。

また複数登録にはもう一つメリットがあります。

登録した転職サイトに対し、最初から複数登録していることを告げておけば、コンサルタントも自社から転職してもらおうと努力してくれます

つまり別々の転職サイトのコンサルタント同士を競わせることができるのです。

一社だけの登録では、一人のコンサルタントに頼るしか方法はありませんが、複数登録であれば複数のコンサルタントを比較することも可能になり、最も良いと思えるコンサルタントを選択することも可能になります。

転職を考えるのであれば、転職サイトの複数登録は必須だと言えるでしょう。