医師転職サイトのコンサルタントの力を見抜こう

医師転職サイトのコンサルタントの力を見抜こう

2018/9/19 更新

コンサルタントの能力を知る方法

医師転職サイトのコンサルタントの力を見抜こう

転職サイトを利用して転職を成功させるためには、コンサルタントの能力が不可欠です。 医師が転職について悩んだ時にはアドバイスし、スムーズに転職ができるようサポートするためには、医療業界全体の動向や転職についての知識など、色々な能力が求められます。 これらが十分でないコンサルタントが担当になってしまうと、転職がスムーズに進みません。 転職サイトに登録して専任コンサルタントが決まったら、早めにコンサルタントの能力を見抜いてしまいましょう。

 

医療業界の現状について質問する

医療業界は専門性の高い分野であり、業界知識が詳しくないと医師の転職についてのアドバイスどころか、求人の本質も把握することはできません。

医師の能力やスキルが十分に理解できないこともあるでしょう。

これでは転職をサポートすることなどできません。

高い能力を持ったコンサルタントは医療業界の現状や動向などについても十分理解しています。

優秀なコンサルタントは医師の希望と医療機関のニーズを機械的に結び付けるようなことはしません。

両者の意見を聞きながら、最適なマッチングの実現を目指します

まず、医療業界の現状について質問してみましょう。

例えば自分自身の診療科の転職動向などをコンサルタントに質問し、納得できる回答かどうかをチェックしてみましょう。

転職の必要性について相談する

転職を成功させるためには早めの転職サイト登録が大切ですので、転職そのものはまだ決意していないものの、考え始めた時点で登録している場合も多いでしょう。

ところが転職サイトに登録すると、今すぐにでも転職させようとするコンサルタントもいるはずです。

コンサルタントとしては自分の転職支援実績を上げたいからですが、それでは医師のための転職ではなく、転職サイトのための転職になってしまい、本末転倒です。

本来はキャリアプランの構築から、転職の方向性やタイミングなどをトータルに検討するべきであり、それができるコンサルタントこそが有能と言えます。

自分のことしか考えていないコンサルタントなのかどうかは、転職の必要性について相談するとわかります

納得できない適当な理由で、ひたすら転職したほうが良いことを勧めてくるコンサルタントなら不適当であると判断できます。

転職後の医師の現状について聞く

優秀なコンサルタントほど、自分が担当した医師が転職した後のフォローもしっかり行っています。

医師と医療機関双方が満足する転職になっているかどうかを把握し、もし問題などがあれば解決することができる場合もあるからです。

ところがコンサルタントの中には、転職が終わった後は全く知らん顔の人もいます。

転職サイトは転職さえ成立してしまえば、それで医療機関から報酬が支払われるため、フォローそのものは無報酬の行為になってしまうからです。

つまり医師を上手くその気にさせ、転職さえ成立させれば良い、報酬につながらない行為はやりたくないということです。

このようなコンサルタントに付いて欲しくないのは当然でしょう。

そこでフォローしてくれるコンサルタントかどうかを把握するには、転職を成功させた医師の現状について質問してみるとしっかりフォローしているかどうかが分かります。

実例を詳しく教えてくれるならフォローもできる優秀なコンサルタントと言えます。

期日を決めて情報調査を依頼する

コンサルタントは転職先を探すだけでなく、職場環境や転職による移転の際の住環境などについてもアドバイスするのが普通です。

そこで、あらかじめ期日を決めて情報調査を依頼してください。

転職希望求人先の職場の雰囲気、その周辺における子供の教育環境などを、期日限定で調査してもらってください。

優秀なコンサルタントなら、期日を守って、医師が知っておくべき内容の濃い情報を提供してくれるはずです。

期日が守れなかったり、内容があまりにも薄い報告しかできないコンサルタントは、これらのアドバイスを日常的にしていないことが考えられます。

極力早くコンサルタントの能力を見抜こう

転職サイトを利用する医師の多くは、効率よく転職を成功させたいと考えているはずです。

そのためにも、コンサルタントの能力を早めに見抜かなければ、時間の無駄になってしまいます。

上記の質問などを早めに投げかけ、満足な回答が得られるかどうか判断してください。

そしてもしコンサルタントを交代してもらった方が良いと思うのであれば、その旨を転職サイトに訴えるようにしましょう。