医師転職サイトのコンサルタントに必要な能力とは

医師転職サイトのコンサルタントに必要な能力とは

2018/9/19 更新

コンサルタントにはこれが必要

医師転職サイトのコンサルタントに必要な能力とは

転職サイトに登録すると、専任のコンサルタントが転職を成功させるためのサポートをしてくれます。 サポートに必要なコンサルタントに求められる能力は、非常に広範囲に及びます。 そのため、転職が成功するかどうかはコンサルタントの能力にも大きく左右されるのです。 コンサルタントに求められる能力とはどのようなもので、どうすればその能力を備えていると判断できるのでしょうか。

 

医療業界全体にかかわる知識

医師の転職に関わるコンサルタントは、求人内容と希望条件が合致したものだけを引き合わせる仕事ではありません

医療機関側と医師側の両方の立場に立ち、双方の将来が両立するよう配慮するのがコンサルタントの仕事の本質です。

そのためには医療機関が求人を出す背景や事情、医師が転職を考える背景や事情も理解しておかねばなりません。

すなわち医療にかかわる業界についての知識と動向も理解しておく必要もあります。

これを理解できていなければ、その場しのぎの転職に終わってしまい、結局、医療機関や医師にとっての将来性もありません。

担当するコンサルタントがこの業界についての知識が豊富かどうかは、業界の動向などについての質問をするだけで簡単に把握できます。

もし知識がないコンサルタントであれば、担当を変えてもらうことも考えるべきでしょう。

コミュニケーションによる対話

医師が転職を意志決定するまでには色々な葛藤があったはずであり、それほど簡単に決断したわけではないでしょう。

転職サイトに登録して、コンサルとタントと会話した際、コンサルタントがどれほどその思いを受け取ることができるのかは非常に重要なことです。

また会話の中で、医師が言葉にできていなかった内容を読み取ることも必要になるはずです。

そのために必要な質問を投げかけることが必要な場合もあるでしょう。

つまり、コンサルタントはコミュニケーションによる対話ができる人でなければならないのです。

これはもちろん、転職を希望する医師との対話だけで必要なことではありません。

医療機関との対話でも必要なことです。

コミュニケーションによる対話ができる人かどうかを判断するためには、どれほどこちらの思いを汲み取り、把握しているか、的確なアドバイスができるかを見ていれば分かるでしょう。

交渉能力

転職サイトに掲載されている求人情報には、年収や待遇などか記載されています。

しかしながら、これらの内容はコンサルタントが医療機関に交渉することで変わっていきます。

年収をアップさせたり、休日の設定やオンコールサイクルを楽にすることなども含まれます。

もちろん、交渉が全て通れば問題ないですが、強引すぎる交渉は医療機関からの反発も招きかねません

どこまでなら交渉できそうか、反応を見ながら交渉することが必要になります。

つまりこれらのことを踏まえた交渉ができるかどうかで、より好条件での勤務が可能になるわけです。

交渉能力があるかどうかを判断するには、求人情報に応募する際、勤務条件について交渉してくれるよう話すことで判断できます。

求人情報以外の勤務条件を即答で拒否してくるなどの場合は、交渉能力がないか、そもそも交渉するつもりがないことが分かるでしょう。

ビジネスマンとしての基本的能力

転職コンサルタントの仕事相手は医師と医療機関の人事担当者です。

どちらも社会的な地位のある人々です。

しかも医師の人生を左右する転職をビジネスとして扱っており、アルバイト感覚でできる仕事ではありません。

そのため、コンサルタントが社会人として、ビジネスマンとして当たり前のことができるかどうかは、転職コンサルタントという職業にどう向き合っているかが現れます。

約束を必ず守る、時間に遅れない、丁寧な文章、不快にさせない態度などはビジネスマンとして当然のことです。

これらがきちんとできないコンサルタントは、全てにおいてきちんとできるわけがありません。

コンサルタントとして不適だと感じたら

もし登録した転職サイトのコンサルタントが、上記にあてはまるようであれば、早い段階で交代してもらうよう、働きかけるべきです。

コンサルタントと医師は、二人三脚で転職が成功するまで共に走っていくパートナーです。

パートナーの能力が劣れば、走り切ることは難しくなってしまうのは明白です。

転職を成功させるために忘れてはならない重要なことです。