医師転職サイトのコンサルタントに何を相談するべきか

医師転職サイトのコンサルタントに何を相談するべきか

2018/9/22 更新

転職成功のためなら何でも相談

医師転職サイトのコンサルタントに何を相談するべきか

転職サイトの求人情報には色々なことが記載されています。 年収や待遇など、勤務にあたっての条件面は明記されていますので、これらは簡単に確認することができます。 しかしながら転職サイトに掲載されていないものの、確認しておくべき事や医師の事情によっては確認しておきたいことも出てきます。 これらの中にはコンサルタントに調べてもらうことができるものが多くあります。 コンサルタントにはどのようなことを調べてもらえるのか、ご説明しましょう。

 

転職先の職場環境は必ず聞こう

医師が転職するにあたって大切なことは、転職先の職場環境です。

職場環境には多くの要素が含まれています。人間関係、設備環境、雰囲気などです。

人間関係では、上司や院長などの人柄、同僚の人柄、看護師の人柄などを事前に把握しておくべきでしょう。

また、もし退職した医師の不足人員の補充であるなら、退職原因が人間関係悪化でなかったかどうかなども調べておきたい内容です。

設備環境では、医療機器にはどのようなものがあり、医局の造りはどうなっているかなどを知っておくべきです。

雰囲気は人間関係とも関係しますが、活発な雰囲気なのか、それとも暗い雰囲気なのか、どうしてそうなっているのかなどの理由も把握しておきたいところです。

これらは実際に勤務する際には大きな影響がある項目であり、特に人間関係は、これが原因で退職する医師もいるぐらいです。

事前にコンサルタントに確認しておくようにしましょう。

家族が生活しやすいかどうかも相談

転職活動にあたってはつい自分の都合ばかりを考えてしまいがちです。

しかしながら、転職が転居を伴うものとなった場合、家族の生活についても考えておく必要があります。

コンサルタントは転職そのものだけでなく、付随する変化についても相談に乗ってくれます。

まず確認したいのが買い物環境や交通インフラです。

家族が日々の買い物をしたり、気軽に出かけたりしやすい環境であるかどうかを確認しましょう。

駅からの距離など、データを見るだけでは、坂の有無や夜間の治安などはわかりません。

知らない場所について自分で時間をかけて調査するよりも、コンサルタントに相談したほうが効率がよいでしょう。

子供がいるなら教育環境も要チェック

生活環境をチェックする際には子供の教育環境の確認も大切です。

大人にとっての暮らしやすさと子供の教育環境が必ずしも一致しないからです。

仮に転職先で気持ちよく働けたとしても、子供の教育環境が悪いと再び転職せざるを得なくなることも考えられます。

大人と比べて子供は環境の変化に影響されやすいですから、しっかりチェックしてあげてください。

教育環境については学校の状況などをコンサルタントに確認してもらうと良いでしょう。

地元の学校の評判が良くないなど、子供に合いそうにない場合でも、近くに私学などがあり、教育環境が整っている場合もあります。

気になる点はすべて質問しよう

転職コンサルタントは転職先探しや医療機関との交渉のみしか行わないイメージを持たれがちです。

しかしながら実際には、転職を成功させるために必要であれば、あらゆる相談に乗ってくれる貴重な存在です。

転職を成功させるためには、コンサルタントをフル活用してあらゆる相談を持ち掛けてみましょう。

もし気になる点があるのなら、あらかじめコンサルタントに相談すると良いでしょう。

もちろん転職先候補が決まってからの相談でも構いませんが、早めの段階で周辺環境の希望などを伝えておくのも効果的です。

家族の事情などで転職先探しのハードルが上がりそうな場合でも、それが必要不可欠な要素であれば、迷わずコンサルタントに相談すべきです。

もし相談内容が具体的に思いつかなければ、コンサルタントに転職先で勤務した場合に注意するべき点などを聞いてみることもできます。

早めの相談が転職先探しの効率を上げることにつながるはずです。