医師転職サイトは複数登録が基本

医師転職サイトは複数登録が基本

2018/9/24 更新

複数の転職サイトを有利に使う

医師転職サイトは複数登録が基本

転職は、希望条件に合致した転職先を少しでも効率的に探すことが重要です。 そのためには少しでも多くの求人情報を集め、その中から希望条件に合致した情報を見つけていくしかありません。 転職サイトに登録することは、非常に効果的と言えますが、転職サイトは1社だけに登録すればそれで効率的な探し方になるのでしょうか。 それだけで希望に沿った転職先が見つかるのでしょうか。 希望に沿った転職先を見つけるためのもっと有利な方法は無いのでしょうか。

 

複数の転職サイトに登録しよう

まず、大前提として複数の転職サイトに登録してください。

幾つもの転職サイトに登録するのは面倒だから、一つのサイトだけに絞ろうと考えることもあるでしょう。

しかし転職サイトを1社に絞るというのは、そのサイトに転職の全てを掛けるのと同じことであり、リスクが高くなってしまいます。

転職のリスクを少しでも下げるため、転職サイトは必ず複数登録するようにしましょう。
転職サイトの複数登録には多くのメリットがあるのです。

希望に合致する求人を豊富に確保できる

複数の転職サイトに登録すると、求人件数を豊富に確保することができます。

医師の求人募集は多数ありますが、自分の診療科や居住地を考えると、実際に転職先として検討できる求人数は限られてしまいます。

そのため、一社だけの登録だと求人件数が実質的に不足してしまうのです。

複数の転職サイトに登録しておけば、非公開のものを含めて豊富な求人の中から希望に近い転職先を選ぶことができます。

いくら優秀なコンサルタントでも求人件数が少なければ希望に合った転職先を探しづらくなります。

スムーズに希望の転職先を探してもらうためにも、転職サイトの複数登録は必須なのです。

コンサルタントが頼りにならないことを想定する

転職サイトに登録すると担当コンサルタントがつきます。

転職活動が成功するかどうかは、このコンサルタントの腕にかかっている部分が大きいため、もし頼りにならないコンサルタントに当たってしまえば、転職失敗のリスクが高まります。

転職サイトには複数登録すれば、仮に1社のコンサルタントが役に立たなくても、他の転職サイトおよびコンサルタントでカバーできます。

複数登録は、頼りにならないコンサルタントに転職を任せなければならないリスクを避けるために有効な手段でもあるのです。

競合させて好待遇を受ける

転職サイトは、転職希望者が採用されればそれで医療機関から報酬が支払われるため、コンサルタントも転職が成功するよう努力します。

しかし1社の転職サイトだけに登録している医師は、そのサイトから提供される求人情報のみが転職の頼みの綱です。

もしコンサルタントが早く医療機関からの報酬を得ようとすれば、転職希望条件に少しぐらい合致していなくても、強引に転職させてしまうことができるのです。

これでは転職サイトに登録した意味はありません。

そこで複数の転職サイトに登録し、その旨を各社コンサルタントに伝えておけば、自社を通じて転職して欲しいために、少しでも好条件の求人情報を提供するようになります。

つまり好待遇を受けやすくなるのです。

希望条件に合致しており、なおかつ少しでも好条件の転職先を見つけるためにも、複数の転職サイトに登録して転職を有利に進めてください。

目安としては3社程度の登録が基本

転職サイトは複数登録すべきですが、あまりに大量の転職サイトに登録すると管理が大変です。

多くのコンサルタントとのやり取りも面倒でしょう。

またあまりにも登録数を増やしすぎると、効率よく転職活動をするという転職サイトの利用目的から外れてきます。

そこで、目安として3社程度に登録すると良いでしょう。

2社の場合は、1社のコンサルタントが期待できなかった時、実質的に1社に頼らねばならなくなります。

保険をかける意味でも3社程度に登録しておくと安心です。

転職サイトに登録する際は3社登録が基本と考えておきましょう。