医師転職サイトを選ぶ4つのポイント

医師転職サイトを選ぶ4つのポイント

2018/9/24 更新

こんな転職サイトを選べば安心

医師転職サイトを選ぶ4つのポイント

転職を考え、実際に転職サイトに登録しようとすると、あまりのサイトの多さにびっくりすると同時に、どの転職サイトに登録すれば良いのか悩んでしまうでしょう。 転職サイトの選択は、転職活動の成否を大きく左右します。 一生のうちにそう何度もあるわけではない転職ですから、慎重に選びたいものです。 転職サイトを選ぶ4つのポイントをご説明しましょう。

 

今までの実績は豊富か

転職サイトを選ぶ基準として最も重要なことは、今までに転職を成功させた十分な実績があるかどうかです。

いくら立派な宣伝文句を並べても、実績が伴わなければ無意味です。

今までにどれ程多くの人の転職を成功させているかが、その転職サイトの実力です。

実績があれば、必ずそのことを転職サイト上で明示してあるはずです。

ただし、転職サイトには大手のものと中小規模のものがあります。

大手転職サイトは必然的に転職を成功させた実績は豊富になり、中小転職サイトであれば実績数は少なくなるでしょう。

転職サイトは、一概に大手の方が良いとは言い切れない部分もあります。

大手転職サイトには大手の良さが、中小規模転職サイトには中小の良さがあります。

そのため、単純に転職成功数の多い少ないで判断するのではなく、サイトの規模と比較して相対的に転職成功実績が多いかどうかを見るようにしましょう。

スピーディー&丁寧なサービスが確保されているか

忙しい医師が転職活動をするにあたっては、効率よく転職先探しをしたいものです。

そのため、スピーディーな対応ができる転職サイトを選択しましょう。

医師が転職活動に割ける時間は限られています。

そのため、希望条件のヒアリングや転職先探し、面接対策アドバイスなどは迅速に受ける必要があります。

迅速な対応が可能かどうかを転職サイトの判断基準の1つとしてください。

また対応がスピーディーでも、サービスの質が低ければ意味はありません

転職に際しての相談にもきめ細かく対応してくれ、キャリアプランの構築まで一緒に考えてくれる。

つまり転職希望者が不安になることがないよう、しっかりと対応してくれることが重要です。

転職サイトのサービスがスピーディーで丁寧であればあるほど、転職先とのマッチングは正確になり、その結果、採用率アップにもつながります。

医師の仕事について詳しい知識があるか

医師は専門性の高い仕事です。

そのためコンサルタントは、医師の仕事についての理解ができていなければ、キャリア構築などについてのアドバイスなどは到底できません。

具体的な年収や休日日数など、数字で表すことができるものは把握できても、勤務環境や雰囲気、医療機関の位置付けなど数字で表すことができない要素を判断することができないでしょう。

そのためには、医師の仕事や医療の世界について詳しい、専門性の高いコンサルタントでなければ役に立ちません。

いくら多くの医療機関と結びつきが強くても、医師の仕事は一般職ではないのです。

転職サイト選びをする際には、医師の仕事内容をしっかり理解できているかどうかを判断基準にすべきと言えます。

厚労省の認可業者で個人情報を適切に管理しているか

転職サイトには医師の個人情報を多数登録することになります。

万一、個人情報が流出してしまえば、気持ちの良いものではありません。

転職を検討していることが今の職場に伝わるなどの不利益を被るリスクもあります。

転職サイトを選ぶ際には個人情報の管理体制もチェックポイントになってきます。

転職サイトは人材の紹介を行う事業者であるため、厚生労働省から認可を受ける必要があります。

基本的には認可を受けている転職サイトが多いですが、中には無認可で転職をサポートしているところもあるようです。

まずは最低限、厚労省の認可業者であることを確認しましょう。

厚労省の認可を受けている転職サイトなら、コンプライアンスもしっかり整えられているはずです。

個人情報の不正利用を防ぎつつ、希望条件に合致した転職先探しをしてもらえるよう、転職サイトは個人情報の適切な管理に力を入れているところを選びましょう。