医師転職サイトを上手く活用しよう

医師転職サイトを上手く活用しよう

2018/9/26 更新

利用価値が高い転職サイト

医師転職サイトを上手く活用しよう

医師が転職する際、求人情報を得るためには色々な方法があります。 中でも近年特に注目されているのが、転職サイトです。 しかし転職サイトの存在を知っていても、どういう意味があるものなのか、またうまく活用できるものなのかどうか分からなければ、なかなか登録しようとは思えないでしょう。 ここでは転職サイトの上手な活用方法をご紹介します。

 

面接対策ができるだけでも利用価値あり

人の命にかかわる仕事である医師は、転職活動など意識したことはないはずです。

医術と同様に、転職活動にもノウハウなどが存在しています。

しかしながら転職に意識を向けたことがない医師のほとんどは、これらを習得する機会はなかったはずです。

重要なのが転職の際の面接です。

面接は短時間で医師としての人となりや医療に対する取り組み姿勢、医療機関に対する貢献力などが判断される場です。

特に医師は自分の医療に対する思いなどを人に説明する機会は少なく、短時間の面接で思いを伝えることは難しいはずです。

転職サイトでは、医師としての経歴やスキルだけでなく、人となりを活かしてアピールできるよう、面接対策をアドバイスしてくれます。

それができれば、きっと思いが正しく、面接担当者に届くようになるはずです。

ハイレベル人材は転職サイト利用がおすすめ

高度な技術や豊富な実績を持っている医師ほど、転職サイトを使わなくても転職に成功できると考えてしまう傾向があります。

しかしながらレベルの高い医師が転職先として考えるのは、やはり高収入であり、好待遇な医療機関でしょう。

つまり転職希望先は難関と言えます。

難関である医療機関に対しては、どれほどその求人に対して合致しているかをアピールできなければ採用にまで至りません。

それには転職のための戦略が必要になってきますが、転職戦略を忙しい医師が一人で構築するのは容易ではありません。

転職サイトなら、ハイレベル医師の転職戦略の構築をサポートするだけでなく、求人募集している医療機関に対してもその医師をアピールすることができます。

すなわち、医師一人で医療機関を攻略するのではなく、医師と転職サイトの二人三脚で攻略していくのです。

ハイレベルな人材ほど転職サイトを利用し、双方で攻略していく方が圧倒的に有利なのです。

転職サイトなら転職に関する全てを相談できる

転職を検討している人の中には、キャリア構築のために転職をどう活かせばよいのだろうか、転職先の選び方は間違っていないのだろうか、と悩んでいるケースもあるでしょう。

ひとたび転職してしまうと、元の職場に戻ることはできません。

転職した事実は消えず、医師としてのキャリアも大きく影響してくるのです。

年収を上げることだけに着目して転職先を選んでしまうと、医師としての将来にとって弊害となってしまうケースもあります。

医師としての将来はどう作っていけば良いのだろうか、今は何を目的にして転職すべきなのだろうか、ではその目的に合致した転職先はどんな所なのだろうか、といったキャリア構築のための転職を考えることが大切なのです。

しかしながら、自分のことを長期的な視点で考えることは難しいのが現実です。

転職サイトに登録すれば、キャリア構築を含め、幅広い視点で転職についてアドバイスしてもらえるのです。

コンサルタント相手なら希望を正確に伝えられる

自力で転職活動を進めていると、希望条件を医療機関側に伝えづらい場合もあるでしょう。

あれもこれもと希望を伝えすぎると採用確率が下がってしまうと考えるからです。

また、なかなか採用されない日々が続くと焦りが生じ、ついつい希望条件を緩めてしまいがちです。

もちろんある程度の妥協が必要な場合もありますが、できる限り希望通りの転職先を見つけたいはずです。

転職サイトを利用すれば、担当コンサルタントが付いてサポートしてくれますので、自分の希望条件を正確に伝えることができるようになります。

コンサルタントは医療機関側のニーズも把握したうえで、希望条件に沿った転職先を探してくれます。

結果として、面接の際などに自分の希望条件を伝える必要もなく、もちろん交渉もする必要はなくなります。

条件交渉のストレスから解放されるためにも、転職サイトは賢く利用するべきでしょう。