医師が転職のための退職を強く慰留された場合の対応

医師が転職のための退職を強く慰留された場合の対応

2018/9/28 更新

退職を確実に成功させる

医師が転職のための退職を強く慰留された場合の対応

自分の将来を見据えて転職しようと考えた場合、避けて通れないのが現在の勤務先を退職するという手続きです。 民間医療機関は慢性的な医師不足に悩んでおり、医局も影響力や規模が縮小することを恐れ、退職を慰留されるケースがほとんどです。 この場合にはどう対応すればよいのでしょう。 また抑えておくべきポイントはどのようなものなのでしょうか。

 

転職サイトのお祝い金制度とは

冒頭でも記述しましたが、特定の転職サイトでは、その転職サイトを通じて転職が成功した場合、転職サイトからお祝い金が出る制度を導入しています。

もちろん、この制度は全ての医師転職サイトが導入しているわけではありません。

お祝い金の金額はサイトによって異なりますが、一般的には数十万円の単位になり、一括もしくは分割で支払われます。

支払い回数もサイトによって異なります。

ただしこのお祝い金制度は転職後、一定期間勤務することが条件となっています。

この制度を導入する転職サイトは近年増えてきており、非導入サイトとの差別化になりつつあります。

お祝い金制度の仕組み

お祝い金制度の高額な金額は、どのような仕組みで支払われるのでしょうか。

それは転職サイトの収益構造を知れば理解できます

転職サイトは医療機関からの求人情報を掲載しつつ、転職を考える医師の登録も促しています。

登録医師の経験やスキル、転職希望条件に合致した求人情報を提供し、その医師が応募した医療機関に採用され入職すると、医療機関からの報酬を受け取ることができます。

この医療機関からの報酬が転職サイトの利益となっているわけです。

転職サイトや求人募集している医療機関によって差はありますが、一般的な報酬額は、入職した医師の年収のおよそ20%ほどと言われています。

お祝い金は転職サイトがその報酬額の中から支払っているのです。

医師の年収は一般職などと比較すると高額であり、その年収の20%を報酬額として受け取るのですから、お祝い金の金額が数十万円になることも不思議ではないでしょう。

お祝い金制度に一定期間勤務が条件付けられている理由

お祝い金を受け取るためには、転職後、一定期間勤務することが条件になっていますが、これはどのような理由からでしょうか。

転職サイトのほとんどは医療機関との契約で、報酬を受け取るには入職した医師が短期間で退職しないことが条件になっています。

つまり入職した医師が短期間で退職してしまうと、報酬が支払われないか、もしくは大幅に減額されるのです。

これでは転職サイトにとってお祝い金を捻出する原資が無くなってしまいます。

そこで一定期間の勤務をお祝い金の条件にしているのです。

またお祝い金の支払いも医療機関との契約が影響し、一括であったり、分割であったりするわけです。

転職サイトがお祝い金制度を導入する背景

このようなお祝い金制度が転職サイトに導入されるようになる背景には、転職サイトの乱立があります。

転職サイトは転職が成立しなければ利益を得ることができません。

しかしながら転職サイトが乱立すると、転職希望者の確保、すなわち登録が厳しくなってきます。

そこでお祝い金制度を導入して、少しでも他の転職サイトとの差別化を図り、登録医師を少しでも多く確保しようとしているのです。

お祝い金制度を考慮した転職サイトの選び方

お祝い金制度を導入している転職サイトを利用して転職を成功させると、数十万円ものお金がもらえるのは確かに魅力的でしょう。

しかしながら医師の転職はキャリアプランを阻害するものでは意味がありません。

キャリアプランに沿って今後の進むべき道を決めていかねば、転職はマイナスにしか働きません。

これらをしっかりと考慮したうえで希望条件を設定し、それに合致した転職先を決めていく必要があります。

お祝い金制度を導入している転職サイトが、これらのことをしっかりと意識してサポートやアドバイスしてくれるのであれば問題はないでしょう。

しかし、もし登録した医師のことを利益を生み出す単なる駒としてしか見ていないのであれば、例えお祝い金制度を導入していたとしても、活用すべきではありません。

転職サイトを選ぶうえで最も大切なことは、本当に自分自身のためになる転職サイトかどうかです。

お祝い金は、そのようなサイトが二つ以上あり、どちらにするか迷った時に考慮する程度に考えておくべきでしょう。