医師転職サイトの非公開求人は本当にあるのか

医師転職サイトの非公開求人は本当にあるのか

2018/10/3 更新

非公開求人のカラクリを知る

医師転職サイトの非公開求人は本当にあるのか

医師の転職サイトをみると、多くの求人情報と共に、非公開求人がありますとの表記が目につきます。 この非公開求人とはどんなものなのでしょうか。 また、本当にそのような情報は存在しているのでしょうか。 非公開求人のカラクリをご説明しましょう。

 

非公開求人とはどんなもの

転職サイトにおける非公開求人には、大きく分けて二つあります。
転職サイトに登録すれば、登録者なら誰でも情報が見られるようになっている求人情報と、
登録しても見られず、経験やスキルなどが合致した場合にのみ、コンサルタントが応募を打診してくるものです。
一般的に非公開扱いの求人は、他の求人情報と比較して高収入・好条件のものが多いと言われています。

なぜ非公開で求人募集するのか

ではなぜそれほど高収入で好条件の求人情報を非公開にしなければならないのでしょうか。
非公開にする理由は募集している医療機関の理由による場合と、転職サイト側の理由の二つがあります。

医療機関側の理由として

非公開求人は、医療機関が非公開で募集して欲しいと依頼するケースがあります。
それは院長など上位ポジションの医師が辞める場合や、新たな診療科を新設しようとする場合、ベッド数を増やそうと考えている場合など、競合医療機関や内部スタッフに知られたくない場合が該当します。
また多くの求人が殺到することが考えられるため、あらかじめ転職サイト側で制限を掛けておきたい等の場合にも非公開扱いの求人として募集されます。

転職サイト側の理由として

非公開扱いで求人する転職サイト側の理由には二つの思惑があります。
一つは、非常に高額で好条件の非公開求人を扱っている転職サイトであるとアピールできるため、多くの登録者を獲得できるからです。
この思惑がある場合には、本当に好条件の非公開求人を持っているかどうかが疑わしいケースがあります。
つまり、高収入、好条件の非公開求人など持っていないのにも関わらず、いかにもあるように見せかけることで登録者数を確保し、高収入でもなく、好条件でもない求人情報に応募させるよう仕向けていくことができるためです。
転職サイトは、転職を成立させると医療機関から報酬をもらえます。
その収益で成り立っている事業ですので、報酬を目的として強引な転職を進める場合があるのです。

もう一つの思惑は、転職サイト側が医療機関に交渉して、独自の求人情報を作り上げてしまおうと考えている場合です。
登録した医師の経験やスキルを把握するとともに希望条件を聞き、その条件で勤務できるよう医療機関に働きかけて、応募医師には希望に合う非公開求人があるように話をしてしまいます。
これは転職サイトと医療機関に太いパイプがあるからこそできることです。
医師不足の医療機関にとっては、多少の条件は譲歩する覚悟であり、転職サイトのコンサルタントが持ってくる応募者情報を信用しているとも言えます。
また医療機関にとっても、年収や待遇などで譲歩する姿勢を多くの人に知られることなく、応募資格に合致した医師を確保することができるメリットもあります。

見せかけの非公開求人には要注意

上記の転職サイト側の理由で注意しなければならないのは、ありもしない非公開求人をさもあるように見せて登録させ、希望条件に合致しない求人に応募するよう強引な進め方をする転職サイトです。
これはコンサルタントの説明の仕方や提供してくれる情報でも判断できますので、くれぐれもこのような転職サイトには注意が必要です。

非公開求人はあると言える

純粋に非公開求人として募集している求人情報ももちろんあるでしょう。
その一方で、医師の希望条件に応じた独自の求人情報を、医療機関に交渉して作り上げるケースは、厳密には非公開求人とは言えないかもしれません。
しかしながら、希望に沿った転職先が見つかるという意味では、転職を希望する医師にとって非常に有意義であり、そのような働きをする転職サイトのコンサルタントは有能と言えるでしょう。
納得できる条件で勤務でき、しかもオープンにされない求人情報を、独自の交渉で獲得してきてくれるのですから、これも非公開求人の一つではないでしょうか。
すなわち、非公開求人はあると言えるのです。