専門医資格の取得や更新ができる環境を医師が選ぶ意味

専門医資格の取得や更新ができる環境を医師が選ぶ意味

2017/7/5 更新

将来のためにも専門医資格が取れる転職先を!

専門医資格の取得や更新ができる環境を医師が選ぶ意味

現在の医療業界、とりわけ民間医療機関では専門医を抱えることが患者数の確保につながりやすい状況です。 医師不足の現状では、どのような状況にも対応できるゼネラリスト医師も求められてはいますが、**専門医はその医療機関の看板にもなり得るため、多くの民間医療機関で求められています**。 これはつまり転職には専門医資格が有利な状況と言えます。 医師としてのキャリアを考えた場合、専門医の資格取得や更新を視野に入れた転職が必要になるかをご説明しましょう。

 

専門医資格の取得と更新は医師にとって不可欠

2017年からは日本専門医機構が新専門医制度を統括することになりました。

専門医資格は所属学会からの認定が必要になりますが、一般的には必要症例数を診療し、論文を提出することが必須条件となります。これにより所属学会から専門医として認定されることになります。

また新専門医制度では資格の更新基準も新しく統一され、勤務実態や診療実績、補修受講など、各領域における活動実績が重視されるようになりました。

すなわち新しく専門医資格を取得する場合も、資格を更新する場合も勤務先でどれほど当該症例を診ることができるか、指導医に指導してもらえるか、勉強に時間を割くことができるか、学会に参加できるかなどが大きく左右することになるわけです。

これらが不足していると専門医資格の取得はできなくなります。また既に資格を持っていても更新できない可能性も出てきます。

冒頭で記述したように専門医を求める医療機関が多いということは、すなわち好条件で勤務できる可能性が高い訳ですから、収入に大きく影響するだけでなく、キャリアにとっても不可欠なものと言えます。

必須である専門医資格のために考えるべきこと

今後の医療業界において、専門医資格は必須のものとなっていくことは明白です。

そして、転職に際しても専門医資格があるかどうかが結果を大きく左右します。

まだ専門医資格を取得していないようであれば、一刻も早く取得を目指す必要があります。

また既に資格を持っているのであれば、資格を更新できるだけの条件を今の勤務先が備えているかどうかを見直すべきでしょう。症例数が少なかったり、学会に参加する余裕もないほど忙しいのであれば、いずれ資格は消滅してしまいます。

一人の医師として、キャリアをどう作っていくのかを考えるべきタイミングではないでしょうか。

専門医資格の取得や更新に対して協力的でない医療施設は、医師個人の力に依存していただけであり、その姿勢が変わらない限りはいずれ専門医がいることを看板にできなくなっていくでしょう。

また医師本人も専門医資格を失うと収入に大きく影響してきます。医療施設の都合のみで医師として本来のキャリアや収入を閉ざしてしまうことは避けるべきではないでしょうか。

専門医資格のために変わろうとしている医療施設も

新専門医制度の施行によって、専門医を育て、サポートしていくことの重要性に気づき、そのための対応を取り始めている医療機関は少しずつ増えてきていますが、これらはまだまだ少数です。

専門医資格の取得・更新を考えるならば、これらの動きをし始めている医療機関をしっかりと見定め、転職する際にはこれらの医療機関を視野に入れた活動をされるべきでしょう。

専門医資格を重視する医療施設を見定めるために

専門医資格の取得や更新のために医療施設が取っている動きはまだまだ分かりづらく、しかも発展途上です。

今後どのような動きをしていくかもはっきりと決まっていないはずです。

転職を考える医師が個人的にこれらを見定めることは大変難しく、転職してからサポート体制が違うと感じてもどうしようもできません。

転職サイトに登録して、信頼できるコンサルタントに専門医資格に対する自分の考えを説明しておけば、コンサルタントが適切なサポートをしてくれます。

また今の勤務先に対するフォローもおこなってくれますので、スムーズな退職にもつながっていきます。

今のままでは専門医資格の取得や更新が不安だと感じるのであれば、転職サイトへの登録で医師としてのキャリアと収入のアップを目指してください。