医師の転職を好条件で実現する転職コンサルタント

医師の転職を好条件で実現する転職コンサルタント

2018/9/10 更新

コンサルタントだけが知る好条件求人

医師の転職を好条件で実現する転職コンサルタント

転職を考える医師が、転職サイトの求人情報を閲覧していて、自分の希望条件と合致する求人情報が少なく、がっかりする場合があるでしょう。 もちろん誰しも好条件で転職したいと考えるのが普通であり、転職サイトには思ったほどの好条件での求人は無いと考えてしまうかもしれません。 しかし、実際には好条件で転職を成功させている医師も存在しているのです。 それにはコンサルタントの役割が非常に大きくかかわってきます。 コンサルタントが好条件の求人情報にどのようにかかわっているのか、ご説明しましょう。

 

好条件求人ほど公開されない

医師の転職サイトを隅から隅まで探しても、好条件の求人情報は少ないと思われるかもしれません。

確かに、どれほど調べても好条件と言える求人情報は少ないのが実情です。

では好条件での求人そのものはこれほど少ないものなのでしょうか。

実は好条件での求人は、あまりオープンにされないものがほとんどなのです。

好条件の求人を出してしまうと、応募者が殺到してしまい、採用担当者はそれだけに翻弄されてしまいます。

また好条件での求人は医療機関の上位職などの場合が多く、上位職を募集するということは、今の在職者が退職することが決まっているなどの理由で募集しているはずです。

上位職の退職はその医療機関にとって影響が大きく、オープンにしないで募集したいところでしょう。

これはすなわち、転職サイトなどで掲載されている求人情報は、あまり好条件のものではない傾向があると言えるのです。

好条件の非公開求人はコンサルタントが握っている

このような好条件の求人は、公開することのリスクが高く、一般的には非公開で求人が行われます。

非公開求人は、その非公開求人の存在自体はオープンにされています。

しかし非公開求人の詳細を見るためには、登録すれば非公開求人の内容を見ることができる方式を取り入れている転職サイトに登録する、もしくは、転職サイト登録医師の経歴やスキル、希望条件などと、求人募集内容とが合致した場合にコンサルタントから提案された時でしか知ることができません。

ただし、登録すれば非公開求人が見られる転職サイトの場合でも、本当に好条件の求人が公開されているとは言い切れないでしょう。

つまり好条件の求人情報は、実質的に非公開扱いになっており、閲覧しただけの人はもちろん、登録者からも見られないことがほとんどであるため、好条件での求人は少ないと思われています。

もちろん一般的な条件の求人と比較すると多いとは言えませんが、本当に好条件の求人情報はコンサルタントが握っているのです。

コンサルタントに積極的にアピールしよう

このような非公開求人は本来、登録者の経験やスキルと希望条件などが非公開求人の応募条件とマッチしなければ、コンサルタントは提案してくることはありません。

そのため、いくら応募したくても自らが動けば何とかなるものではなく、コンサルタントからの提案を待つしか方法はありません。

もし非公開求人に興味があるのであれば、コンサルタントに対して、自らの経験やスキル、希望条件にマッチした非公開求人があれば提案して欲しいことをアピールするしか方法は無いでしょう。

非公開求人以外で好条件転職を実現させる方法

好条件の非公開求人情報を握っているコンサルタントからの提案を待つしか、好条件での転職を成功させる方法はないのでしょうか。

非公開求人以外では、好条件の求人に巡り合うことはできないのでしょうか。

それにはコンサルタントが持っている能力をフルに活用することが必要になってくるのです。

コンサルタントに交渉してもらう

非公開求人でない、転職サイト内で公開されている求人情報のうち、自分の希望条件から考えると、あと一つか二つの条件が揃えば好条件の求人といえるケースもあるでしょう。

通常であれば、希望条件が揃っていないのであきらめてしまうような場合です。

しかしこのような場合でも、コンサルタントに交渉してもらうことで、条件を希望にまで引き上げてもらえることがあります。

特に求人先が応募医師の能力を正しく認識していなかったり、その医療機関に勤務した時の可能性や将来性を加味していないケースなどでは、交渉によって勤務条件を引き上げられる可能性が高いと言えます。

この方法は、医療機関と太いパイプを持っているコンサルタントでしか成し得ない方法と言えますが、もし非公開求人以外の求人で、希望条件にほんの僅か届いていないものがあれば、コンサルタントに交渉を頼んでみることは有効な手法でしょう。

転職をキャリアアップにするための方法をアドバイスしてもらう

直近の転職に即効性のある方法ではありませんが、転職を単なる勤務条件や待遇の改善のためのものとするのではなく、将来的なキャリアアップにつながっていくものにしていくことができれば、医師としての生涯で得られる収入や地位は上がっていくはずです。

そのために、今の転職はどうあるべきかのキャリアプラン構築に対するアドバイスをコンサルタントからしてもらうことも効果的です。

コンサルタントへのアピールも時には必要

コンサルタントは、医師の求人情報を多く握っています。

また非公開求人などでは、コンサルタントが提案してくれなければ応募すらできません。

そのため、コンサルタントに自分の経験やスキル、希望条件などを常に意識しておいてもらわなければ声が掛からないこともあるのです。

時にはコンサルタントへのアピールが必要であることも知っておいてください。