医師転職サイトの口コミは参考になるのか

医師転職サイトの口コミは参考になるのか

2018/9/13 更新

口コミの見分け方とは

医師転職サイトの口コミは参考になるのか

転職を考える医師がインターネットで転職サイトを探しているうちに、転職サイトに関する色々な口コミ情報を目にするはずです。 口コミの中には転職サイトに対する好意的な口コミばかりではなく、批判的なものもあるはずです。 それらを見ていると、転職サイト選びの参考になると思ってしまうのも無理ありません。 しかしそれらの口コミは果たして参考になるのでしょうか。 口コミ情報の見分け方と、どう参考にすれば良いのかを紹介しましょう。

 

口コミ情報は幾らでも作れる

一般的にインターネットの口コミ情報は虚偽の書き込みが多く、信用できる情報は少ないのが実情です。

転職サイトの口コミ情報も同様です。

また厄介なのが、転職サイトが自社のサイトを宣伝するために好意的な書き込みをしているケースもあります。

いわゆるステルスマーケティングです。

これ以外にも競合する転職サイトを貶める目的で、批判的な内容が書き込まれているケースもあります。

本来であれば参考にすべき口コミにはこのような情報が溢れていることを理解しておく必要があります。

口コミ情報の真偽の判断基準

口コミに書き込まれていることを全て鵜呑みにしてはいけませんが、真実の情報は書かれているのでしょしょうか。

実は口コミには貴重な意見も書き込まれています。

それらを判断する基準は以下のようなものです。

曖昧な内容の口コミは信用しない

口コミの真偽を判断するために、曖昧さで判断する方法があります。

実際に転職サイトを利用したうえで口コミを書き込むのであれば、読んでいる人に状況を理解してもらえるよう、個人を特定されないようにしながら、可能な限り状況説明をするはずです。

それが書き手の意見の正当性を証明することにつながるからです。

しかし実際に転職サイトを利用せずに口コミだけを書き込む場合、どのような内容であったとしても、曖昧な内容になってしまいます。

「すごく親切にしてくれた」「最悪です」などの具体性に欠ける書き込みは、信用すべきではありません。

これ以外にも、投稿日時が書きこまれていないものや、早朝や深夜など、不自然な時間に書き込まれているものは信用度は低いと言わざるを得ません。

具体性があれば信用できる

口コミには実際に転職サイトを利用した人の意見も間違いなく含まれています。

真実を書き込む際には、誰が読んでも状況が分かるよう、できるだけ具体的に書き込むでしょう。

また通常なら、転職先のエリアや性別、年齢程度は書き込むはずです。

これらの具体的な内容が盛り込まれたものであれば、本当に転職サイトを利用した人の意見だと考えても良いでしょう。

マイナス評価の判断について

どのようなサービスであっても、好意的な意見と批判的な意見が混在するのが普通です。

それは転職サイトについての口コミの意見も同様です。

特に利用者が多くなればなるほど、両方の意見は混在するはずです。

そのため、マイナス評価があるからこの転職サイトはダメと判断するのは早計と言えます。

また批判的な意見ばかりが並んでいるのは不自然と言えますが、その際には上記の判断基準を参考にして、その口コミが利用者のものなのかどうかを判断するようにしましょう。

加えて、利用者のものと思われるマイナス評価が多数あるのであれば、その転職サイトは注意すべきと判断できます。

口コミはあくまでも判断材料の一つ

口コミ情報は100%信用できる情報ではありませんが、中には本当の意見も含まれています。

また転職サイトを利用する医師も希望条件が高すぎたり、低く考えていたなど様々でしょう。

本当の意見であったとしても、書き込んだ医師の転職希望条件と現実とにギャップがあれば、その意見が正しいとは言い切れないのです。

そのため実際には本人の判断を優先すべきであり、口コミは参考程度に考えておくべきです。

もしこの転職サイトなら大丈夫だと思うのであれば、そのサイトに登録する意味はあるはずです。

人の意見を鵜呑みにしてしまう危険は冒すべきではありません。